OCNモバイルONE/OCN光
P20liteなどGooSimsellerにてセール開催中!

2017年12月30日土曜日

BINANCEをブラウザではなくPC専用アプリで見てみよう

先日口座開設したBINANCEですが、いくつか草コインを購入しております。


一つの画面で板取引可能です


BINANCE口座開設はこちら

ところでBINANCEではスマホ、PCで取引可能ですが、PCにもアプリがあります。
処理が重くなる休日などでもアプリ経由ならサクサクで快適ですこれはどこからDLできるかというと、ここになります。

右下にダウンロードページのボタンがあります

PC版アプリはこちら。アンドロイド用も同じページ内にあります

では実際に使ってみるとどんな感じでしょうか。

BTC建てのマーケット一覧です

好きな通貨を右クリックすると「ブックマークする?」とポップアップします

きちんとFavoritesタブに入っています

お気に入りにブックマークした通貨は、Exchangeタブですぐに取引画面に移行できます。

かなり使いやすいです。ただし売買の窓は選択式になります。
ブラウザよりログインがちょっと面倒ですが、こちらのほうが使いやすいですね。
詳細な資産のチェックもできます

2017年12月29日金曜日

使い終わったポケットWifiで・・・

auのスマートバリューを組むために春ごろ契約したHWD35を、先日解約しました。一番の理由は屋内でも電波が入らないビルなどがたくさんあったからです(うちは田舎の方なのです)。
もちろん違約金を払いましたし、半年分ぐらいはガッツリ通信料を払っていたので、結局スマートバリューの値引・割引を引いてもちょっと足が出るような収支になってしまいました。

たまに電源つけたままで放置し、いざ使おうとした時電池切れだったりします


ところでこのHWD35ですが、解約したSIMを抜いた後、MVNOのSIMを挿して使う事ができます。私はイオンモバイルが大好きでデータ専用回線を1つ契約していますが、これも挿すことができるのです。え?イオンモバイルってdocomo回線じゃない?と思うのですが、実はHWD35はシムフリー機なので装着すればWifi電波を出すことが可能なのです。
(ハイスピードモードの運用になります)

これはauスマパスプレミアムなどを利用している方には耳寄りな話になるでしょう。複数回線分のプレミアムを維持していたり、austarの回線を持っている人は、景品も回線数だけもらえたり利用できたりするのですが、このポケットWifiを持っていれば現場でのデータ通信の心配はなくなります。(プレミアム複アカでも1端末でいくつもの画面を出す方がいますが、これは店員さんによっては不審に思われるケースもあるので、避けたほうが良いかもしれません)

ポケットWifiを使わなくても、一つの端末からテザリングをして複数端末で見る方法もあります。こちらのほうが良いという方もいるでしょうね。

もちろんSIMに設定された高速通信の上限を超えた場合、低速での運用になります。
HWD35はSIMの着脱にちょっと癖があるので利用される方は気をつけてください。
アクセスポイントの設定など、SIMのブランドで変わってきますので少し調べる必要があるかも。

2017年12月22日金曜日

今週 auのMNPは様子見?

今月、無理をすればiphone7の購入サポートが導入される直前の20日に、MNPでauに入れたのですが、焦ったら負けだと思い直してポートインするのを止めました。

しかし金曜日の今日時点で色々情報を取って見るに、23、24日の案件はグダグダです。店員さんから「土日の成績によってもっと値引けるかも・・・」なんて話も出てましたが、初期値は定価から2万引ければ御の字みたいな話だったので、あきらめムードになっております。

はっきり言って先週より条件が悪いです。おそらく23日ごろはタイミング的に冬休み突入+クリスマスプレゼントとして新しい携帯をという家庭が多いので、ショップとしても値引きする必要なし、と判断したのかもしれません。

勝負は大晦日付近の30~31日ぐらいと見ました。そういえば2015年末もそんな感じで量販店で契約していたっけ・・・たしかノジ○でしたか・・・あのころから総務省の締め付けが異様に厳しくなってきたんですよねえ・・・

auショップでスーパーセールやってくれないかなあ・・・はぁ・・・

2017年12月21日木曜日

これから上がりそうな草コインを買う準備(BINANCE口座を開設!)

私は国内の仮想通貨取引所でMr.ExchangeとBitbank.cc、Bitflyerの口座を持っています。うち前の2つはキャンペーンのキャッシュバック目当てに作った口座です。

でもこの3つの取引所では扱える通貨が少ないんですよね。
ですから今回、草コイン(安くてまだブレイクしていない仮想通貨)を購入するために、中国の取引所であるBINANCEに口座開設をしました。BINANCEでは100種類ほどの仮想通貨を上場しており、BTCを使って売り買いすることが出来ます!


この他にもたくさんの出世してないコインが目白押しです!BTCのハードフォークにも対応してますよ!

口座開設はかなり簡単です!身分証なしに登録でき、1日2BTC分までの出金ができます。これだけで400万円分(時価)ですから、ほとんどの方はこれで十分ですね!もし身分証明書を送信し登録した場合、大幅に1日の出金可能額が増えます!

BINANCEの取引画面


BINANCEはこちら

このBINANCEは日本円では草コインを買うことは出来ず、ビットコインを基軸に買うことになります。

ですからBTCをそのまま送るか、どこからか100種のどれかの仮想通貨を手に入れ、送金しBTCに替えた後、また好きな仮想通貨を買うような感じになります。

売買の際の手数料として買った通貨の総額から0.1%を取られます。例えばXRPを10000円分BTCで買ったら手数料は10円相当のBTCになります。

手数料としてはかなり安い部類になります。(この手数料をさらに半額にする方法もあります。BNBという通貨を買って使うことです。まあ最初はBTC利用で良いと思います)

BNBを持っていれば、それを手数料に使うことによって半額の手数料になります

ところで今、各取引所からそのままBTCを持ってくると恐ろしく送金手数料が高くなります。例えばBitbankを使ってBTC送金した場合0.001BTCの手数料がかかります。これは日本円に直すと約1900円。

安い送金手数料を売りにしていたBTCの意味がありませんね。これでは最低でも1BTCぐらい送らないと手数料負けしてしまいます。

ではどの通貨を使ってBINANCEに種銭を送付すればいいでしょう?
現在のレートなら、送料0円に限りなく近くなる仮想通貨はあるものの、日本国内取引所で買える仮想通貨は限られています。Bitbank.ccで買える通貨ならばXRP(リップルコイン)が手頃です。(だいたいトランザクション費用が現在価格で0.15XRP=17円ぐらい)

例としてBitbank.ccでXRPを買ってみます。
Coincheckなどの販売所は使わないほうが無難です。スプレッド(売値・買値の差額)がすごいので!Bitbank.ccだと板取引ですからスプレッドはありません。12/22現在、取引手数料も取られません。(2018年1月8日まで無料?)

bitbank.ccの板注文は成行、指値が自在です。資産の何%使って買うかなどの視覚的な簡単指定ができます
XRPが買えたら、BITBANKの入出金コマンドでXRPを送ります。
そのために、まずBINANCE側のリップルアドレスが必要になります。(以降の画像が小さい方はクリックやタップで拡大してください)

(1)資産ー預金の引き出しを選びます

(2)XRPの「預金」を選びます
(3)「XRP送金アドレス」と「XRP預金tag」を表示させておきます


脇にこれらの文字列をクリップボードに入れるボタンが有ります。これがBINANCEのリップルアドレスであり、預金タグはあなたの口座を識別するタグになります。

次にBitbank側の処理に移ります。

(4)BITBANK側の入出金コマンドを使って

(5)リップルの入出金を選びます

(6)引出のボタンを選びます

(7)このボタンを押して先程のBINANCEの宛先を追加します


(8)それぞれ入力して追加します
(9)(8)で名前を付けたアドレスを選択し、金額を記入し送ります

この後メールで「確かに出金依頼したか?」という意味のメール認証が有り、BITBANK社の処理が終われば、すぐにBINANCEにXRPが到着します。
うまくやればアビトラージも可能になります。(価格差がある場合のみ)

今回私は200XRPほど買ったのですが、BITBANKで90円/XRPぐらいで購入、送り先のBINANCEで110円/XRPぐらいの評価額になりました。送金手数料が激安だからできる技ですね。18000円が22000円になった計算です。

XRPが到着したら、その後それを売ってBTCにすれば他のコインをBINANCEで購入することが出来ます!

ところで仮想通貨取引をするなら住信SBIネット銀行の口座は作っておいたほうが良いです。住信SBIの口座がある取引所なら超おすすめです!

同行内振込なら手数料無料の上、とにかく送金が早い!休みの日でも即日で着くので、休日も場が開いている仮想通貨相場に最適なのです。

ATM引出手数料はステージにより月の無料枠があり、預入は無条件で無料、他行宛の振込手数料も無料回数があります。

セブン銀行などのコンビニ銀行やほとんどの地銀で使えるはずです。私はゆうちょをメインに使っていたのですが、使い勝手の点から今はもう住信SBIしか使っていません。今回もBITBANKへの振込に同行内振込を利用しました!







2017年12月20日水曜日

au iphone7のMNPau購入サポート入り確定

auのiphone7が12月21日(木)からいよいよ購入サポート入りするようです。
購入サポートは早期解約者に厳しい制度で、大体初月解約(プラン変更含む)で35000円~25000円の違約金からスタートし、月が変わる度にこの額が減額していきます。

その代わりに販売店での購入額が非常に下がるのですが・・・この購入サポート適用になった場合、代理店がショップに出しているインセンティブも下がるので、高い店が普通の値段になって、安い店は販売額変わらないじゃんみたいなケースが多いんですよね。

購入サポート有無を選べるよ、という店でもサポ無しの値段はさんざんだったりします。
そもそも多くの安売り店ではすでにiphone7を完売しているようなので、大勢に影響は無いかもしれませんが。

21日からの我々のターゲットはiphone8シリーズにスライドする可能性が高いです。
SCVシリーズも購入サポートだらけで手が出ないですし・・・

2017年12月18日月曜日

Mr.Exchangeでリップルの送金が出来ました!

週末から何度もトライして送金成功しなかったリップル(XRP)の送金に成功しました

私はMr.Exchange(送り側)とBITBANK.CC(受け側)の両方にHP上のフォームやメールでの問い合わせを行ったのですが、BITBANK.CCは営業日に入った瞬間に返信が送られてきました。(まあ当然着金してないので「着金してないから送り側に問い合わせてくれ」という内容でしたが。)

Mr.ExchangeはMr.Ripple時代から電話以外の問い合わせには基本スルーなので、しかたなく050で始まる電話窓口に連絡してみました。

理由はこんな感じでした。
・RIPPLEの口座に20XRP残しておかないと口座維持が出来ない。(これは既知でした)
RIPPLEの口座に紐付いている通貨毎に5XRP残しておかないと口座維持ができない。(これは知りませんでした)

つまり私のケースだとXRPとJPYの2種類の計25XRPが口座に残るように送金しなければならなかったそうです。

例えばBTCにも紐付けている人は合計30XRP、他も1つごとに5XRP必要だそうで。
これはXRPを売買するための円建て、BTC建て、その他の通貨建てに必要なんだと思いますが。聞いてないよって感じです。

777XRPが口座に入っているところ、755XRPを必死に送っていたのでコケていたらしいです。
何はともあれ今回のことでわかったのは
・Mr.Exchangeを使うなら電話のカスタマー窓口を利用すること。
・Mr.ExchangeではRippleWalletに紐付ける通貨毎に維持費が必要だということ。
・チャートは現在ぶっ壊れていて使えないこと。
・売買は普通にできる模様。
・Mr.Exchangeの場合、他業者への送金に1XRPがかかること。その他にトランザクション利用料がごくわずか掛かること。(送金失敗してもかかります)

これらを理解すればMr.ExchangeでXRP取引を使う事自体は問題がなさそうです。

2017年12月15日金曜日

Mr.ExchangeからXRPの送金が出来ない件

ビットコインに続きリップルコイン(XRP)の取引が活発になってきており、これは売買を始めたほうが良いかなと思い、Mr.Exchangeに入っている777XRPを使い売り買いしようと思ったのですが・・・

チャートを見ると少しおかしいのです。この記事を書くちょっと前、各取引所ではだいたい1XRP=80円~90円を付けておりました。

COINGECKOというチャートサイトでは82円ぐらい(ちょっと反映が遅い)
Bitbank.ccでは73円まで急落中

なんとMr.Exchangeでは44円!
スプレッドと言ってもありえないほどの価格差レベルなのでMr.Exchangeでは絶対に売れません。となると他取引所に送金して売るわけですが・・・

送金が出来ないのです。
1度目には「送金先のアドレスはアクティブではありません」とメッセージが。
2度目には「ウォレットに残金がありません」と出ます。
私はbitbank.ccのアドレスを確かに入力しているはずなのですが・・・

送金失敗して手数料を取られているようです

これわざとでしょうか?送金出来なければここで超安値で売るしか無いですよね。

Mr.ExchangeはもともとMr.Rippleという販売所が運営していて、認可の関係で会社を変えたと聞きました。
この移管の時にもMr.Rippleで全部済んでいた本人確認を最初からやり直しで、しかも2ヶ月ぐらい放置された経験があります。
かなりイライラしてしまったのですが今回またこんな仕打ちです。



そう言えば「問い合わせ」窓口があったっけな・・と思い、細かく文章で説明して・・

はい送信。

「送信ボタンがありません」というメッセージ。
え?でもいま送信ボタン押したじゃん??問い合わせすら出来ないのこの会社??

意味がわかりませんね。
私はMr.Rippleで777XRP頂いているのでここがまともならずっと使うつもりでした。しかしあまりにも内容がひどすぎます。なぜこのような状態で営業しているのでしょうか・・・