OCNモバイルONE/OCN光
P20liteなどGooSimsellerにてセール開催中!

2019年1月18日金曜日

WAONポイント付与は結構面倒くさい

2019年1月上旬にイオンモバイルで「大盤振る舞いキャンペーン」と言うなかなか太っ腹な企画が行われました。

もう実施期間は終了しています



これは2つ以上の回線契約を行った場合、WAONポイントが付与されるというキャンペーンで、2つなら4000ポイント、3つなら9000ポイント、4つなら12000ポイントが贈られるというものでした。

3台以上同時契約なら一つあたり3000ポイントのバックになりました

同時に下取りキャンペーンなどもやっていたのですが、私が用意していたAuのガラケーは対象外でした。(電話では1台500WAONポイント付与されるという話だったのですが、現場でNGをもらいました)

そもそもイオンモバイルは解約金というのがなくて、90日以内の転出にのみ短期違約金がかかってくるという回線なのです(例外として他社からMNPでイオンモバイルに入った場合のみこれが免除されます。)

つまりこの大盤振る舞いキャンペーンを経由してイオンモバイルと契約した場合、初期費用(3000円税別)で新規契約して91日以上維持すれば格安のMNP弾が出来上がった訳です。その上このキャンペーンでは同時開催で翌月から月額費用3ヶ月免除、という優遇っぷりだったので一気に回線を作った方が結構いたようです。(開通センターが3時間待ちの大混雑でした)。私の隣の席で、若者とおじいちゃんの2人連れが10回線申し込んでいてぶったまげましたし。

WAONで3000円相当のバックがあったため、実質初期費用(税抜分)がペイされて初月の日割り費用だけで4ヶ月弱の契約が出来たようです。

(ここからが本題)
話が長くなりましたがWAONポイントの付与が結構面倒だったのです。
私はイオンをあまり使わないので、WAONが付与できるカードというのをあまり持ってなくて、イオン銀行カードにくっついているWAON機能にポイントバックしてもらいました。

ところがこのカード、WAONチャージを最低1000円分したことがないとWAON機能が有効化されてないそうで。

そういえば以前イオンで購入時にカード提示していくらかポイントが入っているはずなのに0ポイントのままでしたっけ。

いつまでたってもイオンモバイル分のポイントバックがつかないので、おかしいと思ってカスタマーに連絡し、すったもんだがあって最後に1,000円チャージが必要という話にたどり着きました。

1,000円をイオン銀行ATMからWAONチャージしたところ、カードの有効化がされて、過去に買い物した分の付与まで一気に行う事ができました。実はこの有効化の後にも「WAONステーション」というイオンモールにある端末や、イオン銀行ATMを使って、クラウド上のポイントをカードにダウンロードするプロセスも必要です。
初めてだと分かりづらいシステムだったので記しておくことにしました。