OCNモバイルONE/OCN光
P20liteなどGooSimsellerにてセール開催中!

2019年2月20日水曜日

auの審査基準変更とメルカリの件

auが審査基準を変えてきたようです。でも大枠は変わってなくて特殊な買い回り回避をしている人向けに改悪を行ったという見方です。

私は1月にauで契約して2月は様子見でした。
ですから3月に行ければ良いなと思っていたのですが。

おそらく(願望含めて)以上の内容で審査基準が変わったと見ております。
・S化では買い回りが移動しなくなった。
・譲渡でも買い回りが移動しなくなった。
・S化の場合は機種変更を伴う(例えばipadなどシングル端末の購入機種変更を伴うS化)なら買い回りが移動。

みなさんご存知の通り、S化(シングル化)すると今までなら2つの効果がありました。
一つはデュアル上限5回線の枠がS化した回線分だけ開くこと。
もう一つは買い回りの枠がリセットされること。

まっさらな状態でデュアル(音声)回線を契約した場合、まあ一般の人は1回線契約するでしょう。余裕があれば2回線契約、さらに利用者登録を使えば3回線までは契約可能です。ここでは3回線契約したと仮定します。

たとえデュアル5回線の枠が3回線しか埋まっていなくても、契約後2回の支払い実績を待たなければ再度デュアルの契約はできません。しかしS化や譲渡をすることによりこの支払い実績を例外的にすっ飛ばしてすぐにデュアル契約することができました。

支払い実績2回のことを90日ルールとか買い回りとか言いますが、今まではできていたS化や譲渡でのリセットが封じられたのではないかと。

そのことは優秀な審査基準解析をしている方たちに任せればよいのですが・・・ひょっとしたらこの措置はこの2~3月で解除されるかもしれません。auが3月に大セールをやった場合、大回転を行う方に端末を大量に提供することになるからです。auとしてはそれは避けたいでしょう。


ところで全然話は変わりますが、私は先日はじめてメルカリデビューしました。もちろん買う側ですが。
メルカリが500円クーポンを配っていたので安い下取り用の端末買えればよいなと思ったのです。
いままでヤフオク一辺倒でしたので試しに使ってみたのですが、なんと2回目でトラブルが起きてしまいました。

購入が決まって売り手の方とも話し、先方が端末を発送してくれたのです。
その後売り手の方から「やっぱりキャンセルしたい」と言ってきました。
私はメルカリをほとんど使ったことがないのでキャンセルのときの手順など知りません。
でも相手が「売りたくない」と言っているのに、「いやもう私のものだから」とは言えずに結局キャンセルを受諾しました。

問題なのはこれからです。送ってきた端末は匿名配送が使われています。しかも発送がネコポスなのでポストイン配送でした。ですから「受け取り拒否」ができませんでした。

これだと相手に送り返そうにもどうしようもありません。
こちらは相手の住所も名前も知らないのです。

キャンセル受諾する前にも「私はキャンセル時の流れを知りません。着払いで送り返せばいいですか?」と聞きました。相手は承諾し、その時に送り状番号も聞きましたが出品者は「知らない」と言います。(キャンセル申込をした時点で送り状番号などはマイページから消されています

嫌な予感がしたので、ポストインされる前にヤマトに電話を入れ「配達しないで発送者に送り返してほしい」とお願いしたのですが「メルカリ匿名便では当社は発送者の住所名前を把握していない。メルカリに連絡してくれ」と言われました。

メルカリは電話サポートというのをしていないのでウェブから問い合わせになります。
1日後のメルカリからの返答は「キャンセル成立した取引は当方では一切関与できない」でした。
送られてきた端末は使っても破棄しても構わないが再出品は避けてくれとのこと。
なんでも利用規約に「出品者がキャンセル申込をするときは、商品が手元にあることを確認してからにしてね」とあるそうです。

もしメルカリ側に出品者から「住所を教えてもいいから送り返してくれ」と私に伝言があったら教えて。とお願いしたのですがそれも断られ。

なんとも後味の悪い取引で、私のもとには倫理上開けることも出来ない荷物が残されただけ。こうしたシステム上の欠陥があると、メルカリを使うモチベーションが下がりますね。